背中の痛みの原因が、単純に年齢からきている場合もあります。 背中が痛いと「何かの病気の症状ではないか」と不安に感じるかもしれませんが、中高年の方は年齢による痛みのケースが多いです。 年齢を重ねると、椎間板が弱まり、筋肉が緊張しやすくなります。 そうすると、その筋肉の緊張がコリに変わり、背中に痛みを与えてしまうのです。 特に、同じ姿勢で仕事をしているデスクワークの人は、背中に大きな負担をかけているので、痛みに繋がる可能性が高いでしょう。 この場合、背中のコリを解消するのが一番の解決法ですから、ゆっくり湯船に浸かったり、ストレッチをするようにしてください。 湯船にゆっくりと浸かることで、筋肉の緊張をほぐし、血行を改善できるので、コリの解消に繋がります。 また、ストレッチを行うことで、コリ固まった筋肉をほぐして、コリを改善することができます。 30代くらいになって背中に痛みを感じた場合は、単純に年齢が原因かもしれないので、まずはコリをほぐす努力をしてみましょう。